パリピになりたくてなれなかった日々

パリピになりたくて頑張ってきたけどなれなかった人(24歳)の日記です。

ぱっつん女子がぱっつん女子である理由

昨日、久しぶりに

f:id:nocco35:20160508134302j:image

前髪をばっさり切りましたァァァァッ

(twitter@nokko351)

初めての試みで、前髪を思いっきり伸ばしてみよう!と数ヶ月頑張りもうすぐで顎の辺り、というくらいには伸びていたんですが、、、遂にやっちゃいました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ふへへ

f:id:nocco35:20160508134311j:image
 
ちなみにこれは去年の写真で(会う人会う人に「人生詰んだね、、」と憐れみの視線を浴びせられましたがわたしはお気に入りでした。涙)、今回はこんなに短くありましぇん!!w

が、

高校時代からずーっとぱっつん(基本おんざまゆげ)だった私のっこ。

流行ももちろんありますが、周りにもぱっつん女子は当時も、今も結構いるように思います。

そこで問題定義

なぜぱっつん女子はぱっつん女子なのか!?】

......何だか少し哲学チックな香りもしますが、丁度昨日哲学者の鷲田清一さん著『ちぐはぐな身体』を読了したばかりできっと感化されているからでしょう!

(この本はまた別記事で書きたいくらい勉強になる良い本でした☺️)

なぜぱっつん女子はぱっつん女子なのか

その理由としては、自分に似合うから、そのヘアスタイルがすきだから、おでこを出すのが恥ずかしいから、、などなど。

そりゃナンカカワイイトオモッテルカラダヨーって当然の答えが返ってきそうですね!そしてその答えは恐らく正解!

他のヘアスタイルと同様、特殊な理由ご挙げられる訳ではないと思います。

そこで注目したいのは少し問題定義の意からは外れるかもしれませんが、

ぱっつん女子がぱっつんと髪の毛を切る時の心境、その行為に込めたる想いとは如何に

ということです!(始めからそう言わんか〜い!ってちょっと我ながら思っている)

これは自分自身の経験談、そして周りのぱっつん女子たちの様子を見ての考察です。また、実はぱっつんのみならず髪の毛をばっさり切る、髪型を大きく変えるという時にも同じく言えることです。

それは、

ぱっつん、と夜中の2時に鏡の前、はさみ片手に前髪を断髪する乙女たちの行為には小さくて誇らしい願いと意志が詰まっている。

ということです!!!

そうです、わたしが今回言いたかったのは(ポエム)、このことなのです(*´°`*)ほわわん


「よし、前髪切って気持ち切り替えよう!」

「明日このボサボサ黒髪とはおさらばして第二の人生を歩むんやっ...!!」


などなど、気合いや意志に程度の差はあれど少なからず女性たちは(男性もかもしれませんね)このように髪の毛に少し変化をもたらす時、小さな意志を詰めているような気がするんです(´-`).。oO

人間ロボットじゃないんだからそうすぐに切り替えたり変わったりできないよ

 ええ、そんなことは乙女たりとて分かっているんですッ

それでも、よし、変わるぞ〜頑張るぞ〜ってはさみ片手にザクザク、、、おんまゆなんてモテないって分かってるけどザクザク、、今回は伸ばすって決...ザクザク、、、、


全く健気じゃあありませんか(T^T)うるり


前述した通りこういうことなので何もぱっつんに限定はしないんですが、前髪は切るスパンが短いので感情の起伏が激しくて定期的な切り替えが必要!って乙女にはぴったりなヘアスタイルなんですよね(`_´)ゞ

ちなみに以前ネット上で「一見活発そうな印象を与えるショートヘアだが、このヘアスタイルの女性ほど情緒不安定な傾向にある。」との記事を読んだことがあります。

もちろんこの情報がどのくらい定かかは分かりません(そうでなくともあまりにも偏見的な印象ですよね)。

ただ前述したような経験は多くの女性が経験したことある、今もそうだ、と思ってもらえるのではないかと思います。

実際にわたしは高校2、3年生の時はずっとベリーショートの激短前髪でしたが、その断髪式の頻度といったら...!!笑

多感な時期だったので本当にちょっと嫌なことがあると切り替えるためにぱっつん、おっとだらけてしまった戒めぱっつん、と伸ばしたくてもどうしても伸ばせませんでした(^◇^;)笑

今回はただ長い前髪に飽きたというだけなんですけどね♪

そんな感じでわたしはぱっつん女子や、頻繁に髪の毛を切ったり変えたりする子を見るとあぁ散った髪の毛と引き換えにた新たな意志がきっと、、とつい妄想してしまったり☺️笑

最後に、わたしも恐らく当分はまたぱっつん女子なのでよろしくっす!!(な〜に〜が〜♪)