無駄に!ハイカラブログ

無駄に!ハイカラ(お洒落)に情報発信をしているブログです。スモールビジネス・人生哲学・おめかしに関する記事が多いです。みんなで粋に幸せになりやしょう!!

【コラム】けちと倹約家の違いって?

けちと倹約(家)の違いってなんでしょうか?

 

f:id:nocco35:20160328190336j:image


どちらも「お金をあまり使わない、節約することを心がけている人」であることは分かるけどこの2つの言葉の間にはなんとな〜く印象の違いがあるし、倹約家と呼ばれるのはいいけどけちと呼ばれるのはちょっと、、、ということで!

 

けちと倹約家の違いについて調べてみて一番しっくりきた答えをば!!!

 

ズバリ、それは

 

けちは人のためのお金を節約しようとする人のことで、倹約家は自分のためのお金を節約する人のこと

 

はいっどうでしょう!かなりしっくりきませんか(≧∇≦)?ね?ね?

 

ポイントは後者の倹約家は自分のためのお金は節約するけど人のために使うお金は節約しないということです。

 

 3000円と5000円のプレゼントで迷った時に・・・

 

例えばの話なんですが、友人の誕生日プレゼントを選ぶ時に3000円のものと5000円のものがあってどちらにしようか迷っている状況にあるとします。

 

ここでまずわたしは思うんですが、「迷っている」時点で高い方の選択肢も無理なく可能な範囲内であることは間違いないんですよね。

 

ただ人間は誰でもお買い物をする時は少しでも安く合理的な選択をしようとするので、そりゃ少しでも安い方が有難いと。当たり前です。

 

でも高い方のプレゼントの方が内容も充実しているし、相手により喜んでもらえるはず、、だけど少しでも安くお買い物できたらうれしいし、、と、迷うわけです。まさに自分、けちだなぁ〜って少し自己嫌悪に陥りつつ、、、(^◇^;)笑

 

さて!そこで今回の「けちと倹約家の違い」の考え方に基づいて考えてみましょう!

 

前述したとおり、けちは人のためのお金を節約しようとする人のことで、倹約家は自分のためのお金を節約する人のことなのでこの状況で少しのお金を渋って3000円の方のプレゼントを選ぶことは「けち」な人の選択ということになります。

 

では逆に5000円の方のプレゼントを選んだとしたら、、?

 

ここで鍵となるのは単純に差額の2000円の価値をどう考えるか、だと思うんですね。つまり自分のことよりも相手がより喜んでくれることを優先して、自分のために使える2000円というお金を節約すればいいということです。

 

例えば2000円なら1人で食べるランチ2回分かもしれないし、雑貨屋さんで購入できる可愛いアクセサリー1個分かもしれません。ひとそれぞれ違うと思いますが、具体的に「自分のために2000円でできること」と「相手がより喜んでもらえること」を天秤にかけてみると「なんだ、ほんの少しの節約すればいいだけか♪」と迷いも軽減されるのではないでしょうか?

 

わたしは節約に限らずお金を使う時は常にこんな感じで、漠然とした額での印象で決めるのではなく具体的に想像してみるということをしています♪( ´▽`)

 

ただし自己犠牲を払うほどしてしまうと無理が生じて苦しいので、そこは自分の裁量で天秤にかけてみて決めましょうね!笑

 

お金の使い方を決めるのはなかなか難しいことですが、できれば「けち」ではなく「倹約家」になりたいものですψ(`∇´)ψ