パリピになりたくてなれなかった日々

パリピになりたくて頑張ってきたけどなれなかった人(24歳)の日記です。

【本】本気で変わりたいけど変われない人へ『1分間行動イノベーション』

「本気で変わりたい、今の自分から脱却したい」

 

ーでも、変わりたいのに変われない・・・。

 

今日はそんなあなたにぴったりな『本気で変わりたい人の行動イノベーション』という本より「1分間行動イノベーション」についてご紹介しますo(`ω´ )o

 

f:id:nocco35:20160327223729j:image

 

ー「よし今日こそやるぞ!」と決意して、やることリストを作ったらやる気も出てきた。そして、いざ行動しようと机に向かうところまでは、完璧な流れでできた。でも、気付いたらネットサーフィンをしていた。

 

うわ〜あるあるぅ〜!!

 

と多くの人が共感する状況ではないでしょうか!?笑

 

このように「やるべきことをしっかりやれるようになりたい」と思っている人は非常に多いとおもいます。

 

でも、なかなかそれができないんだよなぁ〜変われないんだよなぁ〜というそこのあなた(そしてわたし自身!笑)におすすめなのがこの本で推奨されている「1分間の行動イノベーション」です♪

 

 あなたの「欲望」はなんですか? 

 

まず、この本の著者大平信孝さんは人が「やるべきことをやれない理由」「変わりたいけど変われない理由」を一言、「欲望」の問題だと述べています。

 

つまり、人はすきなこと(自分の欲望を叶えられるもの)しかできないんだぜってこと。

 

そんなの当たり前じゃ〜んって思った方もいるかもしれませんが、改めて今自分がやろうとしていることについて考えてみて下さい。するといかに自分が普段「自分の欲望とは関係のないことをしようとしているか」が分かると思います。

 

ほとんどの人はこのような「自分の欲望とは関係のないこと」に取り組み続けられるほど強い意志を持っていません。だからできなくて、当たり前なんです。

 

では一体どうしたらいいのか。

 

答えはシンプルで、それは「自分の本当の欲望を知ること」。実はこれだけなんです♪( ´▽`)

 

 「頭の声」「体の声」「心の声」を聞こう。

 

自分の本当の欲望を知るためのメソッドをご紹介するのが今日の目的なんですが、その前にもうひとつ大切なことをご紹介しておきたいと思います。

 

「自分のすきなことならいくらでもできる」というのは理解できるけど、学校や仕事のタスクなど「やりたくないけどどうしてもやらないといけないこと」は必ずある。それらに取り組むにはどうしたらいいの?という疑問を抱いた人がいるかもしれません。

 

そこで重要なのが「頭の声」「体の声」「心の声」この3つの声を聞くことなんです。

 

例えば今日中にどうしても完成させないといけない資料がある状況だとします。

 

このような状況下の中でまず「頭の声」というのは「とにかく今日やらなきゃいけない」という現実的かつ論理的な声です。次に「体の声」は「眠たいなぁ」や「肩が凝っていてデスクワークが辛いなぁ」などの声です。そして「心の声」は「他にやりたいことがあるなぁ」や「体の声に従いたいなぁ(眠りたい、肩の凝りをほぐしたいなど)」という声です。

 

このように常に人の中には大きく分けて3つの声がありますが、実はほとんどの人が「頭の声」だけに意識を集中し残り2つの声(体と心の欲望)に気づいてすらいないことが多いのです。

 

大切なのはこの3つの声、すなわち3つの欲望それぞれに気づいてあげてバランスよく満たしてあげること。

 

例えば上の例だと資料作成にとりかかる前に仮眠をとる、肩のマッサージをするなどして頭の声に従う前に体と心の声の欲望を満たしてあげること。こうすることでいっけん遠回りのようですが結果、効率的に仕事をこなすことができます。

 

「やる気があれば何でもできる!!!」

 

はかの有名なアントニオ猪木さんの力強い名言ですが、精神論だけでは乗り切れないことがたくさんあるのも事実です!笑

 

初歩的なことだ、当たり前のことだと思うかもしれませんが今一度自分の3つの声に意識を集中してみて下さいね( ´ ▽ ` )ノ

 

 毎日1分間の習慣で自分の人生を劇的に変えていく方法

 

それではようやく本題です♪

 

上で自分の3つの声(欲望)をしっかり認識してあげることの大切さについて書きましたが、一番大きな「自分のやりたいことはなんなのか(叶えたい欲望は何なのか)」ということに気付けていない人は実はとても多いものです。

 

よく「やりたいことがなくて悩んでいる」という方もいますが、それもまさに「自分の叶えたい欲望は何なのかに気付けていない」ということ。

 

繰り返し言うようですが人は自分のすきなことしか継続してできないので、このことに気づかないことにははじまりません。

 

ではどうすればよいのか。

 

それは毎日1分間自分に「本当はどうしたい?」という問いを投げかける時間を設ける。

 

これだけです♪───O(≧∇≦)O────♪

 

ただし、これには2つのコツがあります。

 

それは

① 毎朝起床してからの10分間、もしくは寝る前の10分間の間に行う

② どんなに小さなことでも、突拍子のないことでもいいからしっかり耳を傾ける

ということです。

 

まず①についてですが起床してからの10分間や寝る前の10分間は脳がリラックスモードかつ潜在意識の働く、最も雑念が少ない時間帯です(ゴールデンタイムと呼ばれています)。

 

普段だと現実的な問題ばかりが浮かんでしまいがちですが、この時間帯は脳に雑念が働かないクリアな状態なため、より自分の素直な本当の欲望を聞くことが期待できます。

 

そして②についてですがその欲望というのがたとえ「毎日焼肉だけを食べて生きたい」とか「ハワイに住みたい」など突拍子のないようなものでも構わないということです。

 

寧ろいっけん突拍子のなさそうなことにこそ、自分の本音が隠れているものです。どんなに小さなことでも、くだらないと思えるようなことでも自分の欲望であることにかわりはありませんし必ず見えてくることがあるので気にせずどんどん挙げていきましょう♪

 

また、最初のうちはこの問いを投げかけてもなかなか何も浮かばない、という方が多いかもしれません。それでも諦めずに毎日1分間、この問いを投げかけることを習慣にすることでいつか必ず自分の欲望に気づくことができます。

 

変わりたいけど変われない

 

そんな人に足りていないのは「自分の欲望とは何なのか」ということにそもそも気付いてあげられていないということです。

 

毎日たったの1分間のことなのでぜひ試してみて下さいね♪

 

また、今回はこの『本気で変わりたい人の行動イノベーション』という本の中の「1分間行動イノベーション」という部分のみについてご紹介しましたが、この本には他にも

 

・「なぜダメなのか?」ではなく「どうしたらうまくいくのか?」

・いくら目標を明確化しても人は行動しない

・ギラギラの「欲望」は必ず「善きビジョン」に変わる

・「1分間行動イノベーション」の効果をさらに高めるために

・行動を加速させる「成功者」たちのアイディアやメソッド

 

などなど(目次から引用)、本気で変わりたい人のためのさまざまなメソッドが盛りだくさんな内容となっています。

 

コーチングの本の中でもかなり分かりやすく実践的な内容なので、気になった方はチェックしてみて下さいね(≧∇≦)

 

わたしも「変われる人」になるぞ〜〜〜!